お知らせ


  • 2013年04月15日

    iOS端末対応 音声生成アプリ「ゆびで話そう」をApp Storeにて公開いたしました

     4月15日よりiOS端末対応の音声生成アプリ「ゆびで話そう」を公開いたします。

    タイピングや筆談に代わり、画面をなぞって言葉を生成するコミュニケーションアプリです。
     “何らかの理由で電気式人工喉頭を喉に押し当てることができない、口を自由に動かすことができない”などといった方々でも使用できる新たな手法の音声生成アプリとして開発いたしました。スマートフォンなどのiOS端末の画面をなぞるだけで言葉を構成でき、ユニークなコミュニケーションの形として楽しみながらお使いいただけます。

    【例えばこんな風に使用】
     筆談やタイピングでは、どうしても書いたり打ったりするのに時間がかかり、話の腰を折ってしまうこともしばしば…。「ゆびで話そう」は口を動かす代わりに指で操作画面をなぞると声が出るので、例えば、一家で食卓を囲む際には端末を横に置いておくことでも、画面をなぞるだけで、スムーズに会話に参加することができるようになります。

       
    【特 徴】
     @ リアルタイム性を持ってコミュニケーションが取れる
     A 一音一音途切れることのない流れのある発声が可能

     B 端末を傾けて抑揚を付けた発声も可能
     C 自分の声を録音して発声に使える

    【このアプリのひみつ】…脳力
     まだ口が上手に回らない小さなお子さん。
    はっきりと発音できていなくても親・兄弟にはなんと言っているのかがわかる… なんてことよくありますよね?
     私たち人間の脳には、多少あいまいな発音であっても、流れのある音であれば、 聞きなれている似た言葉へと解釈する能力が備わっています。「ゆびで話そう」は、そんな人間の脳の働き(=脳力)をうまく活用した音声生成アプリです。

    機能を限定したFree版も同時公開し、使用感をお楽しみいただけます。


    詳しくは製品ページから →→→




    「操作例:おはよう」
    (練習モード「あいさつ」編より)