製品情報

デジタル型送電線保護継電装置

デジタル型送電線保護継電装置写真 発変電所に設置され、電力系統にて短絡・地絡事故などが発生した際に、事故箇所の切り離しと局限化(拡大防止)を行い電力系統を保護する装置です。

特徴

  • リレーユニットに高性能CPUを採用し、省スペース (従来比1/3)
    新設設置や既設更新スペースの確保が容易で大幅な工程短縮や効率改善に寄与
  • ブラウザ閲覧により、リレー情報を遠隔から確認可能
  • 広範囲の常時監視・自動点検により故障の早期発見
  • 低消費電力化(従来比1/2以下)

適用

66kV消孤リアクトル系統(PC+NGR)および抵抗接地系統(NGR)で、
その基本となる系統条件は以下の通り
  • 基本波成分(50Hz)
    最大故障電流で31kA
  • 地絡故障電流
    NGR定格100〜1500A

仕様

  • 主保護継電方式
    区  分        方  式          備  考
    短絡主保護 短絡回線選択リレー方式  
    地絡主保護 地絡回線選択リレー方式 67Σによる零相循環電流対策付

  • 後備保護継電方式
    区  分        方  式          備  考
    短絡後備保護 短絡距離リレー方式 第1段〜第4段
    51Zによる再送電対策付
    地絡後備保護 地絡方向リレー方式
    地絡過電圧リレー方式
    64Vによる再送電対策付
    全停遮断 不足電圧リレー方式  

  • 再閉路方式:低速度三相再閉路方式(全停復旧機能付)

構成図

外形図