製品情報

非接触式油検出センサー S-LIO1

   ※三脚は付属しておりません。
     市販のカメラ用三脚がご使用いただけます。


 
 S-LIO 1(エスリオ ワン)は、絶縁油・タービン油に特化して油を検出する非接触式のセンサーで、絶縁油・タービン油がもつ「レーザー光線に励起され蛍光する特性」を利用して油の存在を検出します。 この蛍光を捉える技術によって、検出面に対する斜め設置や曲面上の油の検出ができるようにっており、 カメラ用三脚を用いた設置なども可能です。また安全な低出力レーザーを採用しているため、 人の往来のある場所にも設置ができます。


    

蛍光スペクトル技術採用!

絶縁油・タービン油は、青紫色のレーザーを照射すると蛍光する特性を持っています。この蛍光を環境光などと区別して受光し、油を検出するのが「蛍光スペクトル技術」です。この技術によって   が可能となりました。

カメラ三脚で簡易設置可能

油の蛍光は四方八方に満遍無く広がるため、蛍光スペクトル技術を採用したS-LIO1は垂直設置条件に縛られることはありません。さらにサイズをコンパクトにしたことで、センサー部をカメラのように持ち運び、市販のカメラ用三脚を使用すれば簡単に監視環境を作ることも可能です。

カメラ三脚で簡易設置可能

油との接触部分はありませんので、検出後もメンテナンス無しで継続してご使用いただけます。
  【用途紹介movie】

配管などからの油漏れ...
             点検・補修後の気になるポイントに






←こちらをクリックいただくと、動画がご覧いただけます。


【一般仕様】
使用温度範囲-10℃〜+40℃
使用湿度範囲20〜+85%RH(但し結露なきこと)
耐振動10-55Hz、振幅0.035mm、XYZ方向に10分間(5分×2回)
耐衝撃150m/S2、11ms、XYZ方向各3回
検出判定時間1〜99秒
検出状態保持保持する/保持しない

【センサー部】
型式DFSSA-1A
検出対象油絶縁油(JIS C 2320)およびタービン油(JIS K 2213)
検出方式蛍光受光方式(非接触式)
レーザー区分クラス2
電源電圧制御部より専用コレクタケーブルにて供給
取付穴三脚用取り付け穴およびM4取り付け穴(4ヵ所)
重量約1.8kg

【モニター部】
型式DFCSA-1A 
出力油検出×1点接点(a/b切替可) 出力条件=油検出
システムエラー×1点接点(a/b切替可) 出力条件=レーザー出力レベルの低下、
油検出出力リレー不動作、その他装置異常
電源電圧DC12V 
消費電流約0.85A 
消費電力最大7.2W 
重量約2kg 

【外形寸法】
S-LIO1 外形寸法【制御部】
 

S-LIO1 外形寸法【センサー部】
            【制御部】
 
            【センサー部】
 
 
 
※画像クリックで拡大
 



【名称と機能】
S-LIO1 名称と機能【制御部】
 

S-LIO1 外形寸法 名称と機能【センサー部】
            【制御部】
 
            【センサー部】
 
 
 
※画像クリックで拡大
 
S-LIO1 カタログダウンロード
 
表示はPDFファイルとなりますので、Acrobat Readerをお持ちでない方は下のバナーからソフトのダウンロードをお願いします。
                 Adobe PDF 





【S-LIO1 製品カタログ】

         S-LIO1製品カタログ クリックしてダウンロード